Previous Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

台北の電車に乗って鶯歌へ

JUGEMテーマ:台湾

4月11日から4月14日まで台湾・台北に行ってきました。
実際は、4月11日に成田空港へ行き16時のフライトで桃園空港につき
同じツアーのメンバーが揃ってから各ホテルへの送迎でしたので
台北の真ん中(中山駅・南京東路)のホテルについたのは夜9時過ぎ・・・
帰りは朝の8時40分にホテルにへ送迎バスが付いて免税店へ行ってからの
桃園空港着で13時のフライトで成田が17時30過ぎの到着

実際に動けたのは 4月12日と13日だけでした(^^;

この2日間では、台北の有名どころは回れないと思うので…
実際にはあと1日フリーな時間があると良いと思います。

それでは、12日に電車へ乗って陶器の町鶯歌(イングー)へ行ったことを
覚書でまとめたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずは、ホテルは南京東路でしたので、タクシーは使わず台北駅まで
歩いていきました。
裏道を通ったり、少し迷ったりしましたが約20分でつきました。
(バスが通る主要な道を歩けば迷わず1本道です)
タクシーは後日SOGOまで乗りましたが片道105元(420円)です。

台北駅は広く地下から乗ります。
もちろん切符も地下で買えますが、まずは1階の有人窓口で買うほうが早いかも。
吹き抜けの広い空間です、青い切符の機械でも買えます。



しゃべれる自信が無い方は紙に
「 鶯歌  張(張は人数)出發時間?(出発時刻)月台?(ホーム)」
と書いた紙を出せば、すぐに乗れる時間とホームを書き込んでもらえます。


これで切符が買えました。31元(片道124円)
往復でも買えますが、陶器が重たかったらタクシーで帰ろうと
思っていたので、とりあえず片道だけ買いました。

切符を買ったら乗り場は地下1階です。
エスカレーターで降りましょう(月台ユエダイ)と書いた方です。

日本と同じような自動改札機に入れます。
そして、書いてもらったホームへ。

そして、電車に乗りましょう。
鶯歌へまでは5か6個目です。所要時間は30分。


到着したら、老師陶器街までタクシーまたは徒歩で向かいます。
朝早かったのでタクシーがいないので歩いていきましたが
途中に風清堂があったので立ち寄り、相場をチェックしてから
歩いていきました。

10分くらいでしょうか?鶯歌街へ到着

朝11時くらいは人が少なく地元の人くらいしかいませんでした。

今から10年前に始めてきたときはお店に沢山の茶器があったのですが
今は、茶器屋さんは少なくなっていました…
ぐる〜〜っと見て回るだけなら2〜30分で充分ですね(^^;
ツアーで最近いかない理由が分かりました。

せっかく来たのだから!と目ぼしいお店を見つけて
茶器を買いました。
それでも、台北市で茶器を買うより電車台を払って鶯歌で買った方が
2割程度は安いですし、自分の好みの物が買えますので
茶器好きさんは、鶯歌をおすすめします。

どれくらいいたかなぁ?13時の電車に乗って台北に帰りました。
帰りは自動券売機にトライ!
行先も台北が終点が多いので簡単です。

ここで注意、切符の機械によっては台北が臺北になっている物もあります。
台北で探していたら見つかりませんのでご注意ください。

14時前に台北駅についたので、また歩いてホテルまで戻り
荷物を降ろして、近くの換金所でお金を変えてもらい
永康街までタクシーで向かいました (220元 880円)


ポチポチっとバナーを押してください。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
クリックでオシャレな中国茶のブログが沢山見られます♪
にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
紅茶のジャンルにもお邪魔します。


{中国茶 桃花touka
 http://touka-tea.ocnk.net/ (クリックでHPへ飛びます) 

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

Trackback

http://tea-touka.jugem.jp/trackback/414
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
OTHER
クリックでオシャレな中国茶ブログが見れます♪
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村